熱中症で頭痛やめまいが発症したときの応急処置(3)

● 熱中症 こんな人は特に注意!

 

熱中症は「気づく」ことで防げます。「私は大丈夫」ではなく、「みんなで気をつける」ことで熱中症をゼロにしましょう。

 

熱中症で頭痛やめまいが発症したときの応急処置(1)
熱中症で頭痛やめまいが発症したときの応急処置(2)
熱中症で頭痛やめまいが発症したときの応急処置(3)

 

◆ 子ども

 

特に体温調節機能が十分に発達していない乳幼児は、大人よりも熱中症にかかりやすいといわれていますので、より一層の熱中症予防・対策をおこなう必要があります。

 

① 乳幼児

 

特に体温調節機能が十分に発達していない乳幼児は、大人よりも熱中症にかかりやすいといわれていますので、より一層の熱中症予防・対策をおこなう必要があります。

 

◎ 対策

1.水分を多めにとろう
新陳代謝が活発なため、汗や尿として体から出ていく水分が多く、脱水を起こしやすい体です。水分を多く含む食事や、定期的な水分補給を心がけましょう。
2.熱や日ざしから守ろう
自律神経の働きが未熟で、放熱や発汗による体温調節がうまくできません。熱のこもらない素材や薄い色の衣服を選んだり、日光を遮る帽子などを身につけたりさせましょう。
3.地面の熱に気をつけよう
背が低かったり、ベビーカーの利用などで大人よりも地面に近い環境で過ごすことが多く、地表からの熱を受けやすくなります。子どもの高さの気温や湿度を気にかけましょう。
4.暑い環境に置き去りにしないようにしよう
乳幼児は自分の力で移動することができないので、「寝ているから」「ちょっとの時間だから」と放置することは危険です。特に、車内に置き去りにすることは絶対にやめましょう。
5.室内あそびも油断しないようにしよう
日差しがない屋内では大丈夫だろうと油断しがちです。屋外と同じ対策を意識しましょう。
6.周りの大人が気にかけよう
暑さや体の不調を、まだ自分の言葉で十分に訴えることができないため、服装や摂取するものによる暑さ調節がうまくできません。汗や体温、顔色や泣き方など、赤ちゃん・子どもの様子を、まわりの大人が気にかけましょう。
7.外で夢中になりすぎない
遊びに夢中になると、のどの渇きや気分の悪さなどの熱中症のサインに気づくのが遅くなります。子どもや特に乳幼児が遊びに夢中な場合には、大人が見守り休憩や水分補給をすすめましょう。

 

② 児童・中高生

 

児童・中高生体育の授業や部活動の他、遠足や登山などの野外活動でも熱中症にかかる場合があります。 また、運動以外でも、高温多湿の場所で活動する際にも十分な熱中症予防・対策が必要です。

 

◎ 対策

* 屋外

1.スポーツで無理をしない
体力をつけることは熱中症に負けない体作りにつながりますが、最初から頑張らず徐々に体力をつけていきましょう。また、体調の悪いときは無理に運動するのは控えましょう。なお、スポーツ時の水分補給には、塩分や糖分を含む飲料がお勧めです。
2.観戦で熱くなりすぎない
自分の学校やチームのスポーツ観戦時に大声で叫んだり、長時間立ったままだったりすると、熱中症にかかりやすくなります。応援に熱くなっても、興奮して体温が上がりすぎないよう、クールダウンや水分補給に気をつけましょう。
3.通学・帰宅中に油断しない
バス停でバスを待っているときや徒歩での移動中など、直射日光に長時間当たらないよう気をつけましょう。日傘や帽子を利用して日よけ対策を行ってください。

 

* 屋内

1.体育館で燃えすぎない
バドミントンやバスケットボールなど、風のない締め切った体育館での競技や、剣道など防具をつける競技は特に注意が必要です。チーム競技の場合、周囲のメンバーの配慮や体調不良を訴えやすい雰囲気が大切です。
2.文化部も熱くなりすぎない
音楽室やプレハブなど、高温多湿の場所で長時間練習することは控えましょう。空調を調節しつつ、こまめに休憩や、水分補給を行ってください。

 

◆ 高齢者

 

高齢者の方は温度に対する感覚が弱くなるため、室内でも熱中症にかかりやすいといわれています。 ご本人および周囲の方は、熱中症の予防・対策をおこない、暑い時期を乗り切りましょう。

 

クリックすると下に開きます。もう一度クリックすると閉じます

◎ 対策

1.「気温や湿度を」計って知ろう
高齢者の方は体温の調節機能が落ちてくるため暑さを自覚しにくく、熱を逃がす体の反応や暑さ対策の行動が遅れがちです。気温・湿度計、熱中症計などを活用し、まわりの環境の危険度を知りましょう。
2.「室内を」涼しくしよう
日差しのない室内でも、高温多湿・無風の環境は熱中症の危険が高まります。冷房や除湿機・扇風機などを適度に利用し、涼しく風通しの良い環境で過ごしましょう。
3.「水分を」計画的にとろう
高齢者の方は体内水分量の減少により脱水状態になりやすく、さらに体が脱水を察知しにくいため、水分補給が遅れがちです。のどが渇く前に、定期的な水分補給をしましょう。キュウリやナスなど、水分を多く含む食材を、食事に取り入れるのもよいですね。
4.「お風呂や寝るときも」注意しよう
入浴時や就寝中にも体の水分は失われていき、気づかぬうちに熱中症にかかることがあります。入浴前後に十分な水分補給をしたり、寝るときは枕元に飲料を置いたりしておくとよいでしょう。
5.「お出かけは」体に十分配慮しよう
外出時は、体への負荷が高まることに加え、汗で水分が失われたり、日差しや熱の影響を受けやすくなったりします。服装を工夫する他、水分や休憩を十分とって体を守りましょう。
6.「周りの人が」気にかけよう
高齢者の方は自分で暑さやのどの渇きに気づきにくいうえ、体調の変化も我慢をしてしまうことがあります。周りの人が体調をこまめに気にかけ、予防対策を促してあげましょう。

 

◆ 屋外で働く人

 

屋外で長時間にわたり作業するような職業に従事している方は、夏場は常に熱中症の危険にさらされています。下記のような時は、特に注意して熱中症の予防・対策をおこなってください。

 

クリックすると下に開きます。もう一度クリックすると閉じます

・作業上の都合で通気性の悪い衣服や保護具を着用する場合

・高温多湿、直射日光、無風などの条件下で作業を開始した初日~数日間

・体が暑さに慣れていない時期(夏の初め頃や梅雨の合間など)に急に暑くなった日 休み中に体が涼しさに慣れてしまったお盆明けなどは、特に注意が必要です。

* 特に注意すべき業種

建設業、製造業、運送業、警備業、商業、清掃・と畜業など
(厚生労働省の調査のうち、上位6業種を抜粋)

◎ 対策

・暑さ指数(WBGT値)が計れる測定器を用いて、基準値を超えていないかチェックしよう

・直射日光をさえぎろう(帽子をかぶる、可能であれば作業場所に屋根や日除けをつけるなど)

・扇風機などで風を通したり、打ち水をしたりしよう(風通しが悪い高温多湿の場所では、打ち水後の湿度上昇に注意!)

・休憩所を設け、こまめに休憩を取ろう

・身体を適度に冷やせるグッズや設備を利用しよう(氷、冷たいおしぼり、水風呂、シャワーなど)

・水分・塩分を定期的に補給しよう(自覚していなくても、脱水症状に陥っている場合があります)

・吸湿性や通気性がよい素材の服を選ぼう

・できるだけ1人で作業しないようにしよう(周囲の人が変化に気付くことができる環境づくりも、予防の1つです)

 

◆ キッチンで火を使う人

 

室内でも高温多湿の環境では、熱中症にかかりやすくなります。キッチンで火を使って調理をすると、熱とともに蒸気による湿気が発生して高温多湿の環境が生まれるため、注意が必要です。

 

クリックすると下に開きます。もう一度クリックすると閉じます

◎ 対策

・調理中は常に換気扇を回そう

・エアコンをつけて室温を調節しよう

・こまめに水分補給をしよう

・調理方法や器具を工夫しよう(火を使わず電子レンジでの加熱に置き換えるなど)

・調理中も、体を適度に冷やせるグッズを利用しよう(扇風機やネックバンド、首に冷えたタオルを巻くことも有効です)

・キッチンにある保温系の家電は熱をもつので、こまめに電源を切りましょう。省エネにもなりますね

 

◆ スポーツをする人

 

スポーツ時には体(筋肉)が熱を発するため、熱中症の危険がより高まります。 気温や湿度が高い中で運動する際には、運動の仕方や水分補給などに注意が必要です。いつも以上に熱中症予防・対策を心がけましょう。

 

クリックすると下に開きます。もう一度クリックすると閉じます

* 熱中症にかかりやすいのはどんなとき?

体が暑さに慣れていない時期(夏の初め頃や梅雨の合間など)に急に暑くなった日や、湿度が高く風の弱い蒸し暑い日にスポーツをすると、気温があまり高くなくても熱中症にかかる危険性があります。また、体調があまりすぐれないときに無理をするのも禁物です。

◎ 対策

・環境条件(気温・湿度・風速・直射日光など)に応じて運動の強度や運動時間を調節しよう(場合によっては、運動を中止することも検討しましょう)

・急に暑くなった日は特に注意し、徐々に暑さに慣らすようにして、短時間の軽めの運動から始めよう

・こまめに水分補給を行うとともに、汗で失われる塩分も補給しよう

・暑い日は吸湿性や通気性がよい素材の衣服を選び、屋外では帽子をかぶろう

・防具をつけるようなスポーツの場合は、休憩中にゆるめて熱を逃がすなどの工夫をしよう

・疲労、睡眠不足、風邪などで体調がすぐれないときは、無理に運動するのはやめよう

・特に運動不足の人や肥満の人は、熱中症を起こしやすいので注意しよう

 

◆ 犬や猫を飼っている人

 

ペットの熱中症は、高温多湿な環境に長時間晒されることで体温が上昇し、高体温及び脱水によって起こる病気です。また、体温を発散する 機能が低下している場合や、過度な運動によっても起こりうる全身に症状が現れる病気です。猫にも稀に見られますが圧倒的に犬に多く見られます。

 

クリックすると下に開きます。もう一度クリックすると閉じます

◎ 熱中症の症状

【初期症状】

パンティング(ハアハアと激しい呼吸)、よだれ、粘膜(歯肉や舌、結膜など)の充血やうっ血、頻脈などが見られます。
可能な状況であればなるべく体温測定をしてください。体温測定は深部体温の測定が大切ですので直腸(肛門)で測定すると良いでしょう。40℃を超える場合には熱中症の疑いが濃厚です。

【重篤化した場合】

虚脱(ぐったりとして意識がない)、嘔吐下痢、ふるえ、意識消失、けいれん発作、ARDS(急性呼吸促迫症候群)などを生じる場合もあります。
さらに、これらに付随してDIC(播種性血管内凝固症候群)を発生することも多く、この場合高い確率で死に至ります。

◎ 熱中症の予防・対策

ペットを高温の環境に置かないことが最大の予防となります。

【屋外】

暑い季節の外出時刻には注意が必要です。気温も大切ですが、地面から近いところを歩く犬は気温以上に高温の環境下に晒されているということを忘れてはなりません。朝夕涼しく感じても、お散歩の際にはアスファルトをさわって確かめてみましょう。
暑い時期に外出しなければならない場合には、こまめな給水を心がけ、時には体表に水道水をかけ流し、さらに風を送りなどの気化熱を利用した簡易的な体幹冷却法(*)を取り入れることも良いでしょう。
* 体幹冷却法 頚部(喉から首にかけて)から体幹(胸そして内腿を含めたお腹全域)に水道水をかけたり、水分を多く含んだタオルをかけて団扇であおぐなど。

【室内】

室内では風通しを良くしておくことや、ペットが自由に居場所を選択できるようにしておくことも重要です。暑い時期の室内の温度は26℃以下で維持するようにします。

【車内】

外気温が25℃を超えるような環境下では締め切った車の中に置くことは避けましょう(活動的な犬や興奮しやすい犬の場合には、さらに低い気温でも熱中症のリスクがあります)。
また、犬や猫がいつでも自由に飲水できるようにしておきましょう。

◎ 応急処置のポイント

熱中症に対する治療の遅延は死に至るため、熱中症が疑われたら早急に治療をすることが大切です(症状の出現から90分以内)。
全身に常温の水道水をかけて冷却したり、水道水で濡らしたタオルなどで包み、涼しい場所で風を送り体幹冷却に努め、直ちに動物病院を受診してください。

熱中症は重症化すると死に至る致死率の高い病気ですが、応急処置の際に、早く体温を下げようとして冷水や氷、アイスバッグを用いて急激に冷却すると、抹消血管が収縮し、温度の高い血液が各臓器に循環します。そうなると熱が発散しにくくなり、深部体温が下がらずに高体温による各臓器への障害が促進されて逆効果となるため、注意が必要です。

 

◎ 熱中症に特に注意が必要な犬種・猫種

犬ではフレンチ・ブルドッグ、パグ、シーズーなど、猫ではペルシャ、エキゾチックショートヘア、ヒマラヤンなどの短頭種は特に熱中症に陥りやすい種です。肥満である場合には犬猫共に注意が必要です。

その他、呼吸内分泌疾患(副腎皮質機能亢進症など)

状態の悪化を招きやすく、体温上昇に直結し、かつ脱水状態を引き起こすような病気を患っている場合も、熱中症の注意が必要です。例えば、

・ 循環器疾患(心臓弁膜症など)

・ 慢性呼吸器疾患

・ 脳神経系疾患(原因は様々ですがけいれん発作を伴う病気、四肢麻痺を伴う病気)

・ 腎疾患(慢性腎臓病など)

などが該当します。

さらに、昨今では高温環境ではないにもかかわらず熱中症を引き起こす病気があります。認知機能不全症候群に陥っている高齢動物です。

認知機能不全症候群の動物(主に犬)は、水を飲む場所が認識できない、家具の隙間など閉所から脱出できない、あるいは長時間吠え続ける等の症状が見られますが、これらの場合、体温上昇ならびに脱水症状を引き起こし易く、熱中症の状態に陥ってしまうこともあるので、非常に注意が必要です。

 

◆ 室内で過ごす人

 

熱中症というと、日ざしのある屋外で発生するイメージを持たれる方が多いかもしれませんが、室内にいても、条件によっては熱中症になることがあります。
室内でも熱中症の対策をしましょう。

 

クリックすると下に開きます。もう一度クリックすると閉じます

◎ 室内でも発生する熱中症

室内熱中症はなぜ起こる?
熱中症というと、日ざしのある屋外で発生するイメージを持たれる方が多いかもしれませんが、室内にいても、条件によっては熱中症になることがあります。
発生原因としては、屋外での熱中症と同様、

① 環境 :室温や湿度の高さ、風通しの悪さ
② からだ:乳幼児や高齢者、体調不良
③ 行動 :長時間の作業、水分補給できない状況
などがあります。

近年の室内熱中症の発生状況

総務省消防庁によれば、2017年から2019年の熱中症発生場所は3割から4割が敷地内全ての場所を含む住居となっており、室内での熱中症の発生も多くなっています。
室内での熱中症は、室内で過ごしている間に室温や湿度の上昇など、環境要因で起こるほか、屋外での活動後に室内で適切に体を冷やすことができず熱中症になる場合や、夜間に冷房を使用しないことで屋外の気温が下がっても室温が上がり、寝ている間に熱中症になる場合もあります。

◎ 室内熱中症の対策ポイント6箇条

1. 温度と湿度を気にする
室温や湿度は家や部屋ごとに異なります。温度計・湿度計・熱中症計を使用して、いま自分のいる環境について気にかけるようにしましょう。
室温が高い時だけでなく、湿度が高い時も熱中症に注意が必要です。冷房機器や除湿器などを使用して、快適な環境を保つようにしましょう。
2. 室温を適切に保つ
扇風機やエアコンを使用して、室温を適度に下げましょう。室温は日当たりなどでも変化します。過ごす部屋の窓の方角にも注意し、遮光遮熱機能のあるカーテンやシェード、すだれやよしずなども活用して、快適な室内環境を保ちましょう。
3. こまめな水分補給/適度な塩分補給/休憩
室内にいる時は、屋外にいる時に比べて、日ざしを浴びたり汗をかいたりすることが少ないため、のどのかわきを感じにくいことがあります。のどがかわいていなくても、こまめに水分をとりましょう。汗を大量にかいた時は、適度な塩分補給も重要です。
4. 生活リズムを整える
睡眠不足や体調不良、栄養不足も熱中症になる危険を高めます。
バランスのよい食事やしっかりとした睡眠をとり、丈夫な体をつくりましょう。体調管理をすることで、熱中症にかかりにくい体づくりをすることが大切です。
5. 体を暑さに慣れさせる
体が暑さに慣れていない状態での急な暑さは熱中症になりやすくなります。適度な運動や、湯船につかって入浴をすることで、体を暑さに慣れさせましょう。
運動時や入浴時は前後に水分補給・塩分補給をすることも忘れないようにしましょう。
6. 自分も家族もなるかもしれないとお互いに気にかける
室内でも熱中症になるかもしれないということを覚えておき、周囲の人にも伝えましょう。
家族や友人同士でお互い気にかけることも大切です。

 

 

この記事は「熱中症ゼロへ」さんのサイトから転載しました。

熱中症ゼロへ
https://www.netsuzero.jp/

 

熱中症で頭痛やめまいが発症したときの応急処置(1)
熱中症で頭痛やめまいが発症したときの応急処置(2)
熱中症で頭痛やめまいが発症したときの応急処置(3)

 

 

 

もも
もも
このサイトはWordPressで作成しています。

◇ WordPressテーマは「「Diver」」です。

◇ レンタルサーバーは「mixhost(ミックスホスト)」です。
はな
はな
ありがとうございました。 TOPページへ戻る
スーパースキャルピング225
おすすめの記事