コンフィデンスマンjp モナコはダー子の一番弟子を織田梨沙

 

◎ おススメ記事

 

● コンフィデンスマンJPの概要

 

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』予告

 

コンフィデンスマン(信用詐欺師)のダー子・ボクちゃん・リチャードが、悪徳企業のドンやマフィアのボスなど欲望にまみれた金の亡者達から、あらゆる手段を使って金を騙し取る、一話完結型物語。

第9話ラストで映画化が発表され、2019年5月17日に公開された。また、時系列としては映画の後日譚となるSPドラマ「運勢編」が映画公開翌日の2019年5月18日に「フジテレビ開局60周年特別企画」として放送された。また映画公開前にドラマ「コンフィデンスマンJP」のスピンオフミニドラマとして「コンフィデンスマンIG」が、5月13日から17日までフジテレビにて5夜連続で放送された。

『SUITS/スーツ2』が同枠で2020年4月13日から放送されており、「月9ドラマ」枠の歴代最長話数を越えての放送回数となる予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、4月27日に予定していた第3話以降の放送が延期されることになった。代替番組として、4月27日と5月4日は「コンフィデンスマンJP」傑作選を放送した。

 

● コンフィデンスマンJP 登場人物・キャスト

 

・コンフィデンスマンとはどのような人たちなんでしょうか。

様々な手口を使い、悪徳な方法で大金を稼ぐ者から巨額を騙し取る詐欺師達。
但し、決してただの悪党や犯罪者ではなく、「お魚」は弱者に不利益をもたらす悪徳商法の他、反社会的組織の人間と結託した違法行為等で巨額の富を築いたトップがほとんどであり、基本的に一般人には手を出さない。また、騙したターゲットに潰された店等に手に入れたお金を寄付する等、義賊的な一面も持つ。

3人の中の掟として「万が一命の危機に陥る事態が起こっても助け合わない」というものがあるが、結局は事前に仕掛けていたトリック等で助け合っている。

また、多くの「子猫ちゃんたち」と呼ばれる手下を抱えており、手に入れた金の一部を報酬として受け取る代わりに、ターゲットの情報収集からエキストラ、直接近付いての入れ知恵等、様々な形でサポートをする。但し、回によっては、これが要因でターゲットから強奪した大金が経費と化し、ダー子達の取り分がない時もある。

 

◆ ダー子

 

演 – 長澤まさみ(幼少時 : 溝口咲來)

 

 

本作のメイン主人公。天才的な頭脳と抜群の集中力で、どんなに難解な専門知識も短期間でマスターし、様々な役柄の人物に簡単になりきる事が出来る。

一方でハニートラップの才能は無く、ボクちゃんからも色気についてはエロババア呼ばわり等、酷評されている(第4話にてターゲットの俵屋に誘惑しようとするもバイである彼に見向きもされず、挙句の果てには男のボクちゃんにも敗北してしまった)。普段の振る舞いはエキセントリックそのものであり、その振る舞いにボクちゃんは振り回されがちである。

過去の経歴、本名は一切不明だが、時折自分が天涯孤独であるような発言もしている。但し、1話でボクちゃんとは幼馴染でリチャードとも幼少の頃から知り合いである由の話をしている。

時に金よりも正義や良心に左右されがちなボクちゃん、良識人として冷静な感覚を持つリチャードに対し、常に金が第一優先であり、相手の心情よりも、奪い取れる金の方を優先する発言の数々に、ボクちゃんが叱責する事も多いが、一方で過去の経験やトラウマが元で、悪事に手を染めているターゲットに対しては、大金と引き換えではあるものの、そのトラウマを乗り越えるような形で更生させている等、決して「相手の事を思いやれない人間」でもない。

普段は高級ホテル「Gondorff」のスイートルームに居を構えており、実質的に3人のアジトとなっている。高級食材に駄菓子を取り合わせて食べたり、はんぺんにマヨネーズをかけるといった変わった味覚の持ち主。

各話の冒頭では真っ白い部屋で、その話のテーマにあった偉人や作品の名言を読み上げている。
最終回でボクちゃん、リチャードを含め、本名やあだ名の命名由来、経歴等が明かされたように描かれていたが、実際はダー子が仕掛けた全て架空の設定であった為、結局謎のままである。

 

◆ ボクちゃん

 

演 – 東出昌大

 

 

主人公の一人。ダー子・リチャードと共に行動する詐欺師。電信柱みたいなノッポの大男。計画の全貌を教えてくれない等、いつもダー子やリチャードに振り回される上、お人好しで小心者故に、ターゲットに深入りしてしまう等のケースも多い。

性質的には詐欺師や犯罪者よりも堅気に近い思考の持ち主で、いかなる理由があろうと人を騙す事は良くないと考えたり、報酬が少ない上に、命の危機を感じている事もあり、いつも2人と決別して真っ当に働こうとするが、知らず知らずの内にダー子が仕掛けた罠で戻ってくるよう仕向けられたりと、なんやかんやで再び2人の元に戻って来てしまう。惚れ易い一面もあるが、全て散々な形で振られている。

ダー子同様、過去の経歴、本名は不明だが、ダー子の口から自身同様、天涯孤独の身である事を匂わせている。但し、1話でダー子とは幼馴染でリチャードとも幼少の頃から知り合いである由の話をしている。

 

◆ リチャード

 

演 – 小日向文世

 

 

主人公の一人。ダー子・ボクちゃんと共に行動する詐欺師。

超一流の変装技術を持ち、ダー子同様、様々な役柄で潜入する。普段は品の良さを活かしたジェントルマンな風貌であり、ダー子とも気が合っている。一方、意外にも女性には弱い一面もある。

ターゲットを騙す為にかかった経費や、その儲けを計算して2人に伝えており、コンフィデンスマン達の経理担当の面も持ち合わせている。

ダー子同様、過去の経歴は不明だが、1話でダー子とボクちゃんが幼少の頃からの知り合いである由の話をしている。

 

◆ チョビ髭

 

演 – 瀧川英次(第1話・第2話・第9話・SP)

 

 

3人の詐欺師の部下。様々な役柄に扮し、3人を助ける。
第9話では久方ぶりに登場し、自身の怨みをきっかけにターゲットを用意した。

 

◆ 五十嵐

 

演 – 小手伸也

 

 

神出鬼没な腕利きの詐欺師。元々は弱者も騙す正真正銘の悪徳詐欺師だったが、ダー子に出会い、心酔した事によって改心した。

様々な組織に入り込み、二重スパイとしても活動。ダー子とリチャードとは面識があったが、ボクちゃんとは第2話の成功パーティで、ようやく味方である事を知った。

第4話でダー子のいる高級ホテルのスイートルームに勝手に入り込み、その後も度々スイートルームに現れている為、実質的に4人目の仲間とも言える。

 

◆ モナコ

 

演 – 織田梨沙(SP)

 

 

劇場版の「ロマンス編」にて仲間になった詐欺師。チョビ髭や五十嵐と同様に、3人のサポートを行う。
「ダー子の一番弟子」としてダー子を「師匠」と呼び、尊敬している。

 

◆ バトラー

 

演 – Michael Keida、Alex J.D

 

 

ダー子達のアジトである高級ホテルのスイートルームの執事。ダー子達の食事の取り寄せから、詐欺の為の資料収集までこなす。

元々は、最終話で登場した鉢巻秀男の部下。バッグから銃を出した際に暴発し足を負傷、使えない人間として風呂場に捨てられる。

だが、実際には血のりが発射されていた為、負傷しておらず、鉢巻が撤収する際にも置いていかれていたが、ダー子達の計らいでバトラーとして現場を脱出。その後、バトラーの腕がいいという事で、そのまま3人の専属バトラーとして雇われる。

 

以上wikiより

 

 

 

◎ おススメ記事

 

 

 

もも
もも
このサイトはWordPressで作成しています。

◇ WordPressテーマは「「Diver」」です。

◇ レンタルサーバーは「mixhost(ミックスホスト)」です。
はな
はな
ありがとうございました。 TOPページへ戻る
スーパースキャルピング225
おすすめの記事